長浜城という豊公園でのほほんと乗客気分のスパンを過ごしました

家庭から愛車で10分のところに名勝があります。私の住む地方は歴史的メッカが多く、町内にメッカがあるほどだ。TVや媒体でぐっすり特集されたり旅人間をよくみかけるのですが、コチラ生活している人たちは随分逆に近すぎてその場へ行ったり控えるので、知らないエリアもそんなにあります。

私もあんなみずから、最適長浜城というのがあるのですが幼稚園の遠足以来いくことはありませんでした。それほど、長浜城の特段展で気になる発表売り物があったりするが、「またこういう発表をするだろう」という、元来足を運ぶことはありませんでした。

ですが、私のちびっこがいつも「いってみたい!」と言ってあり、心がけることにしました。久しぶりに行ったのですが、断然お城は立派です。中は年季文書館になっていて、重要な雑誌や兜なんてが展示してあり、あんな生地にも酷い歴史があるんだなぁと捉えさせられました。ちびっこはわかっているのか、わかっていないのかミステリーでしたが趣向を楽しんでいるみたいでした。

お楽しみは5床の眺め残りで、頭上恐怖症のあたしは見られませんでしたが、ちびっこは一望できて感動していました。激しい肝ったまです・・・。帰りは豊公園で噴水を見てのんびり過ごしました。近箇所でしたが、旅に来ている心持ちを味わえて楽しいチャンスがすごせました。5万借りる

新しい趣味が引き寄せた懐かしい思い出の地

最近、始めた新しい趣味・ポタリング。今回の場所は岡山県の吉備路。なぜここを選んだかというと、道中に、中学生の時1年だけ通った学校があるから。あれから26年。手紙の行き来が、いつしかメールやラインに変わったものの、一度も会っていないという不思議な関係が続いている友人達。私の人生のたった1年なのに、今でも「楽しかった」と力強く言える思い出の地。そこへ26年ぶりに赴いたのだ・・・が、全く景色が違う!26年も経てば当たり前のことなのに、頭の中では、まだ田んぼに囲まれた校舎が浮かんでいる。うっかり行き過ぎるところだった。懐かしい体操服に身を包んだ後輩達。私も26年前はあの中の1人だった。その先、どんな人生が待っているのかも知らずに。自分に似た生徒を目で探しながら、「素敵な人生が待っているよ」とつぶやく。すっかり変わってしまった周りの景色に、ところどころ変わらないあの日の思い出を探す。転勤族だった為、中学の入学式には1人も知り合いはいなかった。クラスが張り出され、小学校からの友人と一緒になったと喜んでいる生徒を尻目に、担任の先生からクラスを告げられ、とにかく緊張して、クラスの皆の前に立ったことしか覚えていない。あの時、その後、26年も続く友人が出来るなんて想像もしていなかった。友人と”友達”になったきっかけが何だったのか思い出せない。それでも1年でまた引っ越しが決まった私に、プレゼントしてくれた寄せ書きとメッセージを入れたカセットテープは、今でも私の大切な宝物だ。後に気づいたことだが、寄せ書きには涙の跡がある。私の為に流してくれた涙。引っ越しの日、5人の友人がサンドイッチを持って来てくれた。一緒に食べたその卵サンドはちょっとしょっぱかった気がする。たった1年だけのつながりだったのに、こんなにも思える友人に5人も出会えた私は、とても幸せだな・・・そんなことを思いながら、再び自転車に乗って走り出した私の後ろから楽しそうな中学生の声がする。一度しかないこの時間、いつまでも大切にね。葉酸

中枢手当て装備に対してという説の文句にあたって

CPUなどにあたって探究しました。CPU(中心作製器材)には、主記憶器材を含める場合もあります。またパーソナルコンピュータのCPUは、低減された一つの半導体チップで、MPUともよばれます。コンピュータは電気にて動作する電子回路で確認を作製する。このため、確認は電気の情勢にて表現できる「0」という「1」を組み合わせて指します。数字を「0」といった「1」で描き出す方法を2進法という済む、2進法で表された数字を2進数といいます。キャラクターが用いている10進数は、2進数に変換してコンピュータで作製されます。2進数の各けたは10進数に正すという1の弱、2の弱、4の弱(2×2)、8の弱(2×2×2)とダブルずつ増えます。2進数の記憶のミニマムごと(2進数の1けた)をビットといいます。コンピュータでは標準8ビットを1つのごととして取り回し、これをバイトといいます。確認を2進数で表現するって、けたが大きくなりキャラクターにとっては取り回しづらいだ。そこで、2進数を16進数に変換して表示することがあります。銀座カラー全身脱毛

子供が同じアパートの子たちと遊んだことについて

娘は朝から1日、所属しているミニバスケットボールの公式戦があり、出ずっぱりだったのに、帰ってきたら同じアパートに住んでる友達と遊びだした。2試合あったものの、娘は1試合も出ることがなかったので、元気が有り余っていたようだ。同じアパートに住んでいるのは、6年生が一人、3年生が一人、2年生が娘を含めて三人、1年生が一人いる。この子たちがアパート前にある駐車場でわいわいと遊びだした。私も少しだけ時間があったので、バスケットボールを持っていって、ちょっとだけドリブルの練習をさせた。娘の所属しているチームの子たちは、ドリブルが弱いので、うちの娘がドリブルが強くなれば、試合に出れるかなと思ってすこしだけ指導した。そのあとは、子供たちだけで遊ばせた。途中、妻が務めている工場で作ったチョコレートを子供たちにあげた。みんな喜んでよかった。結局19時ごろまで遊んでいた。最近は日が伸びてこの時間まで明るい。そのあとお風呂に入ってご飯を食べたら、眠くなったようですぐに寝てしまった。充実した1日だったようである。カード ローン 即日 審査

だから、僕は鉄道ファンはやめられない!!!

何を隠そう、私は鉄道ファン、いわゆる「鉄ちゃん」です。
鉄ちゃんには、「乗り鉄」(実際に鉄道に乗る)、「撮り鉄」(列車や鉄道関係の写真を撮る)、「音鉄」(列車の走行音や発車メロディーに興味がある)、等幾つかのジャンルがあります。
ぼくが一番力を入れているのが「音鉄」です。最近の車両は発車時や停止時のモーターの音が特徴的で、違う種類の車両では全部音が違う、といっても過言ではありません。
そのため、ビデオカメラや携帯電話で、沿線風景や前面展望を撮りつつ、走行音を収録するのが一時期マイブームになっていました。
ときに、ハプニングに遭遇することもあり、東北線の一ノ関発仙台行のワンマン列車で小牛田に前に列車を増結するシーンで、ダイヤが乱れていて、走行音の他に運転士と運転指令とのやりとりが撮れたりと、貴重なシーンを収めることができるのも楽しみのひとつです。
そして、一番興味があるのは「発車メロディー」です!駅によって使われているメロディーが異なり、使われている曲は恐らく100曲はあるのではないか、と思います。
まだ著作権がうるさくなかった頃は、行った先の駅の発車メロディーを耳コピして、音楽ファイルに打ち込んでネットに公開する、というのもやっていました。これでかなり音楽を聞き取る能力も身に付きました。
ちなみに、私が一番オススメする発車メロディーを使っている駅は、仙台駅です。在来線は「青葉城恋唄」のアレンジ、新幹線はオリジナル曲。どちらも30秒ほどで、発車メロディーとしてはかなり長さですが、必ずフルコーラス流れ、しかもアレンジが最高で、「これから素敵な旅に出発だ!」というロマンを感じさせる曲になっています。仙台駅を利用する際は、是非実際に聴いてみてください。
ほかにも「乗り鉄」や「撮り鉄」な部分もありますが、そこまでこだわってやっていないので、やっぱりぼくの場合はいちばんは「音鉄」なんだと思います。
鉄道の世界、なかなか楽しいですよ。最近は女性の鉄ちゃんも増えましたし。
ただ、各地で鉄道ファンのマナーが問題になっているので、マナーは守って楽しみましょう!妊活マカ

パスワードやアクセス制限のことについて勉強

システムのことについて勉強しました。コンピュータの不正利用を防ぐために、システムには様々な制限を設けています。たとえば、プロバイダを経由してインターネットに接続する場合、プロバイダはユーザIDの他に本人だけが知っているパスワードを要求します。ユーザIDは、システムを利用するときの名前として用いられます。また、ファイルを見ることはできるが、削除できないようにするなど利用者に対してアクセス制限を設定したりもします。アクセス制限は、複数の利用者(マルチユーザ)を前提としたOSには、個々のユーザ別に権限を設定する機能を有するものもあります。企業内のLANがインターネットと接続している場合には、インターネットを通じて外部の人が社内LANを不正利用する可能性があります。また、社内の人間がインターネット経由で、外部から社内LANをアクセスする必要もあります。知っていることもあったので、また勉強できて良かったです。キャッシング 審査 基準

子育て:言葉一つで魔法のように子どもは変わるのかもしれない。「子どもの心の芽」

私は、手に負えない問題児を抱えていると思っていた。そう、あの日までは・・・
ふたりの娘がいるが、姉のほうは素直で優しくて思いやりがある反面、注意をすれば癇癪を起こす、言葉使いは悪い、叩く、蹴る。ああ、もうどうしようもない問題児だ!「いらない」とまで思った時もあった。虐待をしてしまいそうな自分が怖かった。しかしある日なぜか、相性の悪いはずの私に学校の帰り道、花を摘んできてくれたのだった。「どうせ朝、怒ったからそれのご機嫌取りだろう」と初めはなんとも感じなかった。でもはっとしたのは、一週間も続いたころだった。「もしかしたらこの子は、喜ぶと思って摘んでくれているんじゃないか」と。それから私は悩んだ。考えた。相談した。しかし、彼女の言動は変わらない。
考えた結果、まず「ありがとう」「あなたのこと大好きよ」「笑顔がかわいいね」「あなたがいてくれると家の中が賑やかでお母さんは嬉しいわ」この4つの声がけをしてみた。すると、まるで魔法が解けたように「お母さん、一緒に晩御飯作ろう」という耳を疑うような言葉が一週間で彼女から出てきたのだった。「うん!してくれるの?うれしい」私も素直に喜んだ顔をしていただろう。二人で手作りピザを作った。サクランボの種を庭に植えた。一日でこの二つをしただけだ。それからあれよあれよという間に、娘は私に「抱っこして」「一緒に遊ぼう」「一緒にお風呂に入ろう」と要求してきたのだった。私のほうもできる限り、忙しいながらも時間をとり、その要求に答えるように努めた。子どもの心は純粋無垢だったのだ。お花が好き、お絵かきが好き、工作が好き・・・何を私は見てきたのだろう。意地悪、天の邪鬼、素直ではない、言うことを素直にはきかない、言葉が悪い。どれもこれも、この親である唯一の見方や子供にとって基地であるべき母親の私が勝手に貼り付けたレッテルだ。そうして「どうせ言っても聞かないから放っておこう」という放任へとつながったのだ。いつのまにか、姉が育てやすいからといって、比べていたのだ。そして問題児だと悩んでいたのだった。よくよく掘り起こせば、私から始まったことだったのだ。それに気づいて愕然とし、本当に娘に申し訳なく、土下座したい気分になった。あの学校帰りの花摘みのプレゼントがなければ気付かなかったし、考えもしなかっただろう。子どもは芽だ。しっかり日に当たっていないと日を当ててくれているほうに、傾いていく。しっかり光合成をしている子は、つまり愛情を受けている子は優しさを学び、他の友達や家族に優しさという花を咲かせることができる。うちにも花が咲いてほしい。子どもにも花が咲く気持のよさを知ってもらいたい。花が綺麗で、嫌いな人がいないのは、それは見ているだけで心が和んだり、暗い気分がぱっと晴れたりするからだろう。母の日にもらったではないか。かわいいかわいい花束を。小さな小さなサクランボの種を二人でシャベルで穴を掘って「芽が出るといいねえ」と言って植えることを教えてもらったではないか。大人の私は心の中で「どうせ芽なんかでないんだろうなあ。この子、がっかりするだろうなあ」と思いながら・・・いつか芽が育ち、花が咲くだろう。サクランボの種からも芽が出て花が咲くことを人は親ばかだと笑うかもしれないが、心の底から願ってやまない。そこまで私はいつのまにか娘を問題児とは思わなくなったのだ。芽は摘むのではない。花を咲かせるための準備段階だ。花が咲くまでしっかり目を背けることなく、光を当てていきたい。どんな花であろうとかまわない。娘がサクランボの種から咲く花を待っているように、私も待とう。お金 借りる

貯金とお小遣いが60万円あったら何がほしい?

貯金とお小遣いが60万円あったら、何がほしいだろう。
私は何がしたいだろう。将来のために貯めとく?それとも海外旅行でもいく?
将来は、私は障害年金があるから、別に無理しなくても生活していけるのだ。
海外旅行も、OL時代に散々いった。あまり面白くはなかったな。
疲れてるので、ビーチでゴロゴロしていたかった。
グアムが一番よかった。ビーチリゾート最高。ハワイも行ってみたいな。
でも、稲毛のプールでも十分楽しいんだけどね。夏は。
夏はプールで遊ぶのが一番。でも、私は今年はジムに行くよ。
ジムは障害者手帳があるから無料だ。貯金とお小遣いが60万あっても、使いみちがない。
贅沢な悩みだなあ。買えるけど買わないのと、ほしくても買えないのは大違い。
とりあえず。重い障害があるので、障害年金が降りている。ありがたいことだ。
更新があるのが怖いけれど、今年の更新は3年後になった。3年間はなんとか食いつなげる。
年金財政、どうなるかなあ。心配だなあ。キレイモ 値段